『Rintrik ― あるいは射抜かれた心臓』
交差/横断するテキスト:ミステリーとミスティカルのあいだで phase 1

CLASKA 8F "The 8th Gallery" で開催される公演のご紹介です。

Ritrik_flyer.jpg

かつてとても美しかった谷があった。若い恋人たちや旅行者の多くが訪れたその谷は、しかしいつの頃からか若い恋人たちが生まれたばかりの自分たちの赤ん坊を投げ捨てに来る場所となってしまった。それも日に20体、30体という赤ん坊の遺体が投げ捨てられるようになった。あるときふらりと現れてその谷に住まうようになった盲目の老女リントリク。彼女は雨の日も嵐の日もただ捨てられた赤ん坊を拾い埋葬し続けた。最初は彼女の存在を恐れた村人たちもいつしか彼女を畏れ敬うようになっていった。

ある夜、一人の若者がリントリクのもとに赤ん坊を抱えて訪ねてくる。その赤ん坊を若者は埋葬してくれとリントリクに願う。その後、その赤ん坊の母親である若い娘と、娘の父親である猟師が現れ...


[原作]ダナルト
[翻訳]山下陽子
[美術・構成・演出]矢野靖人
[出演]川渕優子/沖渡崇史/綾田將一/横田雄平


『Rintrik ― あるいは射抜かれた心臓』
交差/横断するテキスト:ミステリーとミスティカルのあいだで phase 1

[会場]CLASKA 8F "The 8th Gallery"
[日時]
2020年10月6日(火) 19:30
2020年10月7日(水) 19:30
2020年10月8日(木) 19:30
2020年10月9日(金) 19:30
2020年10月10日(土) 17:30

※受付開始・開場は開演の30分前です。
※上演時間は60分を予定しています。

[料金]
一般前売 3,500円
学生前売 2,000円
※当日会場でのチケット販売は予定していません。感染症対策のため事前予約、事前決済のご協力をお願いいたします。

[チケットお取り扱い]
Peatix http://shelf.peatix.com/
メールご予約 info@theatre-shelf.org
お電話でのご予約 090-6139-9578(shelf)

[スタッフ]
照明デザイン/久松夕香
記録映像撮影・編集/江藤孝治
宣伝美術写真/原田真理
宣伝美術ヘアーメイク/TERACHI
宣伝美術/オクマタモツ(956D)
シンポジウム配信協力/山吹ファクトリー
プロジェクト通訳/アルダ
舞台監督/川口眞人(レイヨンヴェール)

助成/公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京
企画・制作・主催/一般社団法人shelf


[交差/横断するテキスト:ミステリーとミスティカルのあいだで]

ジャカルタを拠点とするLab Teater Ciputatのバンバン・プリハジと、東京を拠点とするshelfの矢野靖人による長期国際共同制作プロジェクト。三島由紀夫とダナルトという互いの国の著名な文学テキストを交換し、それぞれが1本ずつ劇作。次いで、互いの演劇制作の方法(演出論、演技メソッドなど)を共有し、最終的にはこの2作品と2人の作家に共通するテーマやモチーフをベースにした新作を共同演出作品として制作。1年目は2作品の研究とワークインプログレス公演を行い、2年目に共同制作作品をジャカルタで初演、3年目には、同作を東京、ジャカルタ他で上演することを予定している。

The 8th Gallery

The 8th Gallery/エースギャラリー
〒152-0001 東京都目黒区中央町1-3-18 CLASKA 8F
担当: 大槻 E-mail: the8th.gallery@claska.com
Tel: 03-5773-9667 Fax: 03-5773-9668

The 8th Gallery について / これまでの展示会・イベントについて詳しくはこちらのページをご覧ください。 ご利用規約および料金についてはこちらの資料をご覧ください。