− 北海道の木彫り熊の世界 −
東京で、熊さんかい? by 東京903会
2019年8月10日(土)~9月8日(日) 11:00~18:30

kuma_630.jpg

撮影:塚田直寛

CLASKA Gallery & Shop "DO" 本店では、ここ数年じわじわと注目を浴びつつある木彫り熊の展示会を開催します。今回は編集者であり東京903会(くまさんかい)代表を務める安藤夏樹さんのコレクションを中心に、貴重でバラエティに富んだ木彫り熊の数々を展示するほか、安藤さん編集による約220点に及ぶ八雲の木彫り熊の写真を掲載した渾身の図鑑「熊彫図鑑」も先行発売します。また開催に合わせ、新旧の木彫り熊作品も販売する予定です。(CLASKA Gallery & Shop "DO" ディレクター 大熊 健郎)


誰もが知ってる北海道の木彫り熊。でも、たぶん、きっと、その頭に浮かんだ姿は、北海道の木彫り熊の一端でしかない。スイスから尾張徳川家が日本へ持ち込み、北の大地に根付いた八雲の熊。旭川でアイヌによって彫られた野生感溢れる強そうな熊。お土産としてはもちろん、トロフィーとして、新築祝いに、看板として彫られた面白い熊。今回の展示では、そんな北海道の木彫りの熊の世界をちょっとだけ紹介します。もしかしたら、あなたの実家にもいたりして?(東京903会 安藤夏樹)

kuma_book.jpg


kuma_title.gif
[会場]CLASKA Gallery & Shop "DO" 本店(CLASKA 2F)
[会期]2019年8月10日(土)~9月8日(日) 11:00~18:30

■レセプションパーティー
[日時]2019年8月9日(金) 18:00~20:00
※どなたでもお越しいただけます。お気軽にお立ち寄りください。
※図録・作品の販売はレセプションパーティーから行います。

■トークショー第1弾「熊座談会」 ※無料、ご予約優先
福田春美(ブランディングディレクター)× ルーカスB.B.( 雑誌「PAPERSKY」編集長 )× 安藤夏樹(東京903会)
詳細は、東京903会の Instagram にて。
[日時]2019年8月17日(土) 15:00~ 
[定員]30名様
[ご予約]CLASKA Gallery & Shop "DO" 本店 店頭またはお電話にて承ります。 TEL:03-3719-8124
*ご予約が満員に達したため受付を終了しました。当日立ち見でのご案内は可能です。

■トークショー第2弾「そうだったのか!熊彫史」 ※無料、ご予約優先
大谷茂之さん(八雲町木彫り熊資料館の学芸員)× 安藤夏樹(東京903会)
詳細は、東京903会の Instagram にて。
[日時]2019年8月24日(土) 15:00~
[定員]30名様
[ご予約]CLASKA Gallery & Shop "DO" 本店 店頭またはお電話にて承ります。 TEL:03-3719-8124
*ご予約が満員に達したため受付を終了しました。当日立ち見でのご案内は可能です。

プロフィール
大谷 茂之(おおや しげゆき)
1985年9月14日生まれ
愛知県北名古屋市生まれ。名古屋大学大学院博士課程前期課程で動物考古学を学び、北海道の貝塚発掘調査がきっかけで八雲町に学芸員として就職。新規開館した八雲町木彫り熊資料館の展示を担当し、業務のかたわら木彫り熊と尾張徳川家について調査している。また個人として、八雲の歴史スポット等を案内する「八雲語りべの会」や、八雲でのジオパークを考える「ユーラップジオパーク構想準備会」に参加し、いわゆる「町の宝物」を掘り起こし広く知ってもらう活動にも携わっている。