新しいアパレルブランド「HAU」スタート
2019 spring & summer exhibition

DM01.jpg

このたび CLASKA では、デザイナーに藁谷真生を迎え、新しいアパレルブランド「HAU(ハウ)」をスタートします。

「淡々と過ぎていく日常だからこそ、服を通してどこかに新鮮な気持ちと心地よい緊張感をまとい、
少しでも装うことの楽しさを感じて欲しい」

そんな想いで作ったブランドの初コレクションを、10月23日(火)~27日(土) の5日間、バイヤー・プレス様向けの展示会でお披露目。2019 spring & summer に向けた全25アイテムを発表します。

CLASKA Gallery & Shop "DO" 各店や CLASKA ONLINE SHOP をはじめ、店頭では2019年1月以降に順次発売します。どうぞお楽しみに。

> hau_clothes Instagram

hau_title.gif

[会場]CLASKA Gallery & Shop "DO" 本店(CLASKA 2F)
[会期]2018年10月23日(火)~27日(土) 11:00~18:00(最終日のみ~17:00)
*バイヤー様向けの展示会です。

[ご予約・お問い合わせ]
バイヤーの方はアポイント制とさせていただきます。ご来場日時を事前にご連絡くださいますよう、お願いいたします。
E-mail:hau_clothes@claska.com Tel:090-5573-0170(藁谷)

[プレスお問い合わせ]
CLASKA 広報 牛田実里(うしだみさ)
E-mail:press@claska.com Tel:03-5773-9667 



hau_brand.jpg


ブランド名「HAU(ハウ)」の由来
ポリネシア諸語のひとつであるマオリ語で、「風、呼吸、生命力」などを意味する言葉。

ブランドコンセプト
「日常の中で感じる非日常感」
日々の暮らしに寄り添いながらも、ただの生活着、日常着ではない、
どこかに "きちんとした雰囲気" や "ストーリー性" がさりげなく感じられる服。
心地よい緊張感を与えてくれるシルエットや、ときにハッとする色使いがもたらす高揚感。
ふとした瞬間に吹く風に心地よさを感じるように、どこかに新鮮さを感じ、
着る人もそれを目にする人も視覚的、感覚的に、少しでも心を満たしてくれるような服作り。

デザイナープロフィール
藁谷真生(わらがい まお)
エスモード・ジャポンを卒業後、アパレルメーカーにて約8年にわたり数ブランドのデザインを担当。2011年、自身のブランド「BLANKET」を設立。約5年間活動した後に2018年、クラスカより「HAU」をスタートさせる。